歯周病治療と全身に与える影響

虫歯治療には馴染みがあっても、歯周病治療にはあまりピンと来ない人も多いでしょう。

しかし虫歯治療と同じくらい、歯周病治療は健康な歯を維持するためには重要なことでもあります。本人が気がついていないだけで、歯周病にかかっている人は少なくはありません。虫歯の方が痛み等で、自覚症状も出てきやすく、歯医者にも早めに行くことができます。でも歯周病はかなり進行しないと気がつかないので、歯周病治療も遅れてしまうことがあります。歯周病が何故良くないかというと、自分の歯を失うかも知れないだけではなく、全身の健康状態にも良くない影響をも与えるためです。

歯周病は、口の中の病気というだけでは終わりません。歯周病菌は口腔内より飛び出して、血管や気管にも侵入していくことがあります。そこから体を全身へとめぐりますから、全身に何かしらの疾患を及ぼす元にもなりかねないのです。知られるところでは、生活習慣病との関連性もある、糖尿病と歯周病の相互関係です。歯周病と糖尿病は厄介なことに、お互いの症状の悪くなるのを誘発するのです。

血管に歯周病菌が侵入することもあり、そうなると血栓ができやすくなります決戦ができてしまうために、それが誘発の要因となって、体の疾患を招くことがあります。血栓で引き起こる疾患には、心筋梗塞や動脈硬化、心臓病や心膜炎、心筋梗塞などを招く恐れもあるのです。そうした事態を真似叶うためにも、歯周病治療はとても大切なことなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *