初期段階の歯周病治療

歯周病治療は、軽い段階の歯周病であれば、スケーリングとブラッシング指導を受けることになります。

軽度の歯周病は歯肉炎の症状であり、歯と歯の間にある溝の歯周ポケットが、ほんの少しだけ深くなっています。軽くは食いには炎症が起きていますから、歯磨きをして出血をすることもあります。ですが初期段階であるために、血が出ても痛みはほとんどないです。初期の歯周病治療では、歯科医や歯科衛生士が、専用のスケーラーの器具を使用して、歯の表面にこびりついた汚れを、丁寧に落としていきます。

毎日の歯磨きでは落としきれてはいない、歯の歯垢や歯石をキレイに取り除く作業です。スケーラーでの作業は、すべて手作業になりますから、すみずみまで丁寧に汚れを落としきることができます。歯周病治療も食段階の歯周病であれば、日頃の自宅で行うデンタルケアも大切にするため、歯科衛生士による正しいブラッシング指導を受けることになります。お口の状態はひとそれぞれですから、その人のお口の状態に適したブラッシング指導を受けることができます。

大人になってから歯磨きの指導を受けることは、そうはないものです。ブラッシング指導では、歯ブラシも持ち方から間違えていたことに気がつくことさえあります。ですから、正しい歯のブラッシングを学ぶことのできる、良い機会でもあるのです。毎日のように行う歯磨きは、歯周病を治療していく上でも、将来的な予防のためにも欠かすことができないことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *