歯周病治療にかかる期間

歯周病は歯についた汚れに住んでいる菌が引き起こす病気です。

痛みがなく、ゆっくりと進行していくので、なかなか自分では気づきにくいという特徴があります。時間をかけて進行していくうちに、歯茎は腫れて、歯を支えている骨が溶かされていきます。歯周病であることが分かったら、すぐに歯科医院を受診して、歯周病治療を受けることが大切です。初期の段階であれば、数回の歯石除去をするだけで、歯茎の腫れは治り、健康な状態に戻ります。しかし、どのまま放置してしまうと、治療をしても元の状態に戻ることはなくなってしまいます。

中度から重度の歯周病治療は、歯石を取る治療がまず行われますが、最初に歯の表面に付いた歯石を取り、そのあとに歯茎の中に入っている歯石を取っていきます。保険の制度上、歯茎の中の歯石は一度に全部取ることはできません。お口全体を1/6ずつに分けて、6回かけてすべての歯の歯石を取り除きます。これだけで、初診から8回ほどの治療回数が必要になります。

さらに、歯茎の中の歯石を取っても効果がみられない場合には、腫れている歯茎の切除など外科的な歯周病治療を行います。治療期間は2~3カ月かかっている頃です。外科的な治療で歯茎が落ち着いたら、治療はいったん終わりになります。しかし、すぐに悪化してしまうので、3~6カ月に一度歯科医院に行って歯茎のチェックを行わなければいけません。こうすることで、歯周病の悪化を防ぎ、より健康的な状態にしていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *