歯周病治療とプラークコントロールの重要性

歯周病治療を行う上で、需要となるのはプラークコントロールです。

デンタルクリニックでの歯周病治療は、ほんの一部であると考えてもいいでしょう。本当の歯周病治療はプラークコントロールですから、日常的なデンタルケアが重要なのです。歯ブラシでの丁寧な歯のブラッシングや、デンタルフロスでのケアをすることが、プラークコントロールになります。そういったケアをすることで、歯に無駄な歯垢を残さないことを目的としてきます。

ですから歯周病治療をしていく中で、プラークコントロールを、ほぼパーフェクトに行っていけば、治療の9割は出来ていることにもなるのです。歯周病にかかってしまうのは、お口の中のプラークが原因です。そして毎日発生しています。ですから、毎日のように、そのプラークを取り除いていく必要があるのです。そしてプラークを取り除くという、プラークコントロールができないようでは、歯周病は改善をしていくことができないことにもなります。ですから、毎日のブラッシングやデンタルフロスで、汚れは落としきることが重要なお手入れになってくるのです。

地道にプラークコントロールを手呈して行うと、それまで歯茎から出血があったのが、どんどん少なくなっていきます。歯ぐきの出血が減るだけではなく、歯茎に見られていた腫れた状態も収まっていきます。ほかにも、嫌な口臭も無くなっていきます。口腔内の細菌のほとんどは、歯に付着したプラークに存在しているためだからです。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *