歯科医になるために進む歯学部

医療関係の仕事というのはとても人気のある職種になります。

中でも最も志願者が多いのが、医学部です。社会的にも貢献度が高い仕事であると思われており、高収入で知的な仕事として多くの子供たちの夢の仕事であるのです。大学の医学部に入りたいと思って、勉強に励む人もかなりいます。しかし、レベルが高く、そこまでに達するためには多浪する人もいるわけで、達しない時にはほかの学部に変更をする場合もあるくらいなのです。そこで選択肢の一つとして医師ではなく歯科医師になろうと考える人もいます。

そのためには歯学部に進学する必要があります。歯学部というのは6年制であって、卒業をするころには国家試験を受験することになります。そして国家試験に合格したら、その後1年間の研修医生活が待っているのです。ですから、大学に入ってから6年プラス1年の期間が歯科医師になるまでに最低でもかかるということなのです。大学の歯学部というのはいろいろな大学に設置されています。

国公立では東京医科歯科大学や東北大学、北海道大学などを目標にしていたり、私立大学では東京歯科大学や昭和大学をはじめとして、日大や日歯などを目指している人もいることでしょう。総じて、医学部ほどではないのですが、大学受験に向けての科目の取り方が異なるので、自分に合ったところを検討していくようにするといいでしょう。歯医者というのは、人々の健康の基本的な部分を保つためにも大切な仕事になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *