口臭への対策と歯科治療

歯科医院では口臭を主訴とする患者も増えています。

現代の世の中はエチケットやマナーも重視する傾向がありますから、口臭を気にしている人も少なくはないです。口臭には2つの種類があります。一時的なものは生理的口臭であり、慢性的なものは病的口臭です。生理的口臭は比較的、自覚症状があるパターンが多いです。朝目が覚めたときやお腹がすいた時、緊張感のあるときや健康状態がイマイチの時にも、生理的口臭を発することがあります。年齢や性別などは全く関係なく発生するのが、生理的口臭です。

生理的口臭は口にするものでも起こります。にんにくとかネギなどの、下から臭いが強烈な食材とか、アルコールの摂取などによっても、生理的口臭は発生しやすくなります。日常的なことが要因となる口臭というのは、だいたい誰でも多少は発生するものです。ですがその下人が行基となると、話は穏やかではありません。病的口臭になってくると、本任意自覚がないケースが出てきます。病的口臭の原因となるのは、歯科に関連することもいくつもあります。

虫歯や歯周病、膿栓や歯垢、それに舌苔の堆積とか、口腔がんなどといったことが原因です。歯科関係が原因であれば、対策としては口腔内の特定の細菌繁殖へのアタックです。口腔内のクリーン化と正常を維持することで、予防をしていくことができます。歯科が原因ではないケースでは、内科系の不調が考えられますから、病院での検査をしてみることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *