歯科と歯の黄ばみを取る治療

歯の黄ばみを取りたいときには、歯科医院でのホワイトニングの治療で、白い歯を手に入れることができます。

歯の黄ばみは気になるものの、歯を削るのには抵抗がある人でも、ホワイトニングであれば歯は削らないで済みます。専用のホワイトニング剤を使って、気になる黄色くなった歯も白くしていく方法です。歯をキレイにしたいなら、クリーニングをする方法もあります。クリーニングは、歯石や歯垢を除去して、歯の表面もツルツルにして着色の汚れも落とす作業になります。クリーニングでできるのは、その人の天然の歯の色まで戻すことです。

ホワイトニングの方法になると、かなり本格的になります。専用の照射器やホワイトニング剤を使って、歯の表面を効率的に漂白していきます。ですから歯の色をもっと白く美しくするのが大きな目的になります。ホワイトニングを行うことのメリットは、自分の歯を削らないで白くすることが可能という点です。白さのレベルは、希望に近い色にするという調整も可能です。ホワイトニングのデメリットとしては、仕上がりは個人差があるということです。

永久的なものではないですから、数ヶ月すれば元に戻ることも考えられます。白い歯を維持するならば、定期的な歯科医院でのメンテナンスが必要になります。歯科医院でのシンプルなクリーニングは保険適用ですが、ホワイトニングは違います。自由診療に入るので、ホワイトニングはお値段が少し高いので、お財布とも相談しながらケアすることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *