歯科医院での虫歯の治療

歯科医院での虫歯治療というと、歯を削る音や振動でとても怖い思いをするケースが多いです。

したがって、世の中には歯医者が苦手な方が多くいます。しかし、近年の歯科治療では、痛くない治療方法が浸透しつつあります。それは、レーザー治療と呼ばれるものです。このレーザー治療とは、ある単一の波長からなるレーザー光線を虫歯部分に照射する治療です。レーザーには、水や色素に反応して熱を発生させる作用が有ります。

したがって、虫歯部分を蒸散させることで、虫歯菌を駆除する効果があります。この治療の一番の利点は、歯を削る際の不快な音、振動が一切ないことです。なので、治療の際に痛みを感じず、不快感を感じることがないです。その他にも、虫歯の部分だけをピンポイントで削れるので、その周りの良い歯を多く残すことができます。したがって、歯の寿命を延ばす効果が有ります。また、レーザー照射には、術後の出血のリスクを低くすることもできます。

上記のように色々なメリットが有りますが、反対にデメリットもあります。たとえば、従来の歯を削る治療と比べて、治療時間がかかることです。よって、施術のために、何回か通院する必要が有ります。その他にも、利用する歯科医院や虫歯の症状によっては保険が適用されないことがあります。保険適応外となると、全額自己負担で払わなければいけません。そのため、事前に担当の医師ときちんとお金について相談する必要が有ります。
渋谷の歯医者のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *